補助金のご案内 of New Site 1

HOME > 補助金のご案内

国は一般住宅への太陽光発電システム設置に補助金制度を設け、その普及拡大を支援しています。1kWあたり4.8万円の補助金が支払われ、さらに都道府県や市町村区でも補助金制度を設ける自治体が増加中。お住まいの地域によっては、国、都道府県、市区町村と3ヶ所から補助金の支給を受けることができます。

2009年には太陽光発電の補助金が復活、設置初年度の買取価格で10年間買い取ってくれる「余剰電力買取制度」があらたにスタートしました。これらの制度を上手に活用することで、設置価格をさらにお得に、月々の売電収入を大きくすることができるようになります。

subsidy_img012.gif


 
 

補助金額
太陽電池モジュールの公称(カタログ値)の公称最大出力1kW当たり48,000円 を、国が補助してくれる制度です。
例えばご家庭に4kWの太陽光発電システムを設置した場合、4.8万円×4kw=19.2万円の補助金が受けられます。

募集期間
平成23年4月12日(火)~ 平成23年12月22日(木)必着

応募要件
【対象者】
住宅に対象システムを設置しようとする個人又は法人
条件1.電灯契約を結んでいる個人又は法人(個人事業主を含む)
ただし、太陽光発電システムを設置して住宅を第三者に賃貸を行う場合は、その賃借人が電灯契約を結ぶこと
条件2.個人の場合は、国内クレジット制度に基づく排出削減事業等について実施に関する意思表明をすること(23年度追加要件)

【対象システム】
以下の要件を満たすことが条件となります。
1.低圧配電線と逆潮流有りで連携していること
2.変換効率が一定の数値を上回るもの(太陽電池の種別ごとに基準値を設定)
3.一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること
4.公称最大出力が10kW未満で、かつシステム価格が60万円(税抜)/kw以下であること

補助金対象経費
以下の費用が補助対象となります。
太陽電池モジュール、架台、インバータ、保護装置、接続箱、直流側開閉器、交流測開閉器、配線・配線器具の購入・据付、設置工事に係わる費用、余剰電力販売用電力量計※1
※1余剰電力販売用電力量計が電力会社の所有となる場合は、補助対象経費外となります。

申請の流れ
shinsei.jpg

★詳しくは「一般社団法人太陽光発電協会(J-PEC) 太陽光発電普及拡大センター」をご覧下さい。

 

「7%相当額の税額控除」または「特別償却」
●基準取得価額の7%相当額の税額控除。(但し、その事業年度の法人税、あるいは所得税の20%が上限額。)
●普通償却に加え、基準所得額の30%相当額を限度として償却できる特別償却。
詳しくは所轄の税務署にお問い合わせいただくか、当サイトまでお問い合わせ下さい。